【おやつ!おかずに!サツマイモのレモン煮】

こんにちは!ドイと言います!
今回の料理は

【サツマイモのレモン煮】紹介します!

(著者撮影)

バターをを溶かした煮汁で煮る料理です。

フランスではグラッセともいいます。

甘いサツマイモが好きなお子さんのおやつ、夜ご飯のおかず、どちらにもなる料理です。

サツマイモの甘さにバターのコク、レモンのさっぱりとした風味が一体となった美味しい料理です!

つくり方はとってもかんたんです。是非、試してください。

それでは調理手順です!

使う材料(3人前)

・サツマイモ・・・1本(約300g)

・塩・・・大さじ1
・バター・・・20g
・てんさい糖・・・大さじ2
・レモン・・・1/2個
・水・・・200cc

てんさい糖:北海道産てん菜(ビート)から作られるオリゴ糖が含まれたお腹にやさしい砂糖です。オリゴ糖はビフィズス菌などの有用菌の栄養源となります。てんさい糖は上品な甘さに、風味やコクがありおすすめです。(スーパーや成城石井などでも販売してます)

●てんさい糖 650g[てんさい糖 甜菜糖]

必要な備品

・まな板・包丁
・鍋
・大さじ
・アルミホイル
・軽量カップ
・レモン搾り(なくてもOK)

作り方

サツマイモを切って塩水につける

サツマイモを約2cmの輪切りまたは半月切りにする。

水(約250cc)に塩(大さじ1)を溶かして切ったサツマイモをつけます。

時間は約30分~1時間おいてください。

つけおわったら塩水から取り出し水ですすぎます。

切ったサツマイモを塩水につけることにより、灰汁をぬくのと、塩分がサツマイモに染みて甘味が増します。サツマイモの種類は何でもいいですが、おすすめは安納芋です!色々な種類でつくりましたが、一番おいしかったです!

煮汁をつくる

鍋にバター(20g)、てんさい糖(大さじ2)、レモン汁(1/2個分)、水(200cc)をすべていれます。

レモン汁は写真のような器具を使ってもいいですが、手で絞っていただいてもOKです。

材料をすべて入れた鍋を中火にかけ、バターを溶かして一旦火をとめます。

サツマイモを煮る

煮汁にサツマイモを入れ、中火で一度沸騰させたら弱火にします。

アルミホイルをかぶせて弱火のまま煮つめていきます。

時々アルミホイルを外して上下を入れ替えるように混ぜます。(※崩れやすいのでやさしく混ぜるようにしてください)

煮汁が減り、水あめのような状態になってきたら鍋をゆすって全体を絡めます。

お皿に盛りつけて完成です!

今回はサツマイモでつくりましたが、人参でも美味しくつくれます。人参がきらいなお子さんも喜んで食べてくれると思います(※人参の場合はレモンは入れないでください)

粗熱がとれたら冷蔵庫で3日ほど保存できます。おやつにもどうぞ!

よろしければ試してください!

今後も料理レシピを紹介していきます。「お問い合せ」より、感想などいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました