【カボチャのピリ辛煮】

こんにちは!ドイと言います!

今回の料理は

【カボチャのピリ辛煮】紹介します!

(著者撮影)

和食の定番料理「カボチャの煮物」

よく食べるカボチャの煮物は甘く煮たものが多いと思います。

今回紹介すのは甘味も楽しみながら、豆板醤を使いピリッとした辛さもあるカボチャの煮物です。

辛い料理が好きな人や、食欲がない暑い夏にもおすすめな料理です。

「煮物なので時間がかかりそう」と思うかもしれませんが、

このレシピは短時間で作れます。

是非、挑戦してみてください(^^)

それでは調理手順です!

使う材料(2~3人前)

  • カボチャ・・・200g
  • 水・・・100cc
  • 料理酒・・・100cc
  • みりん・・・小さじ2
  • 醤油・・・小さじ1
  • 豆板醤・・・小さじ1
  • 胡麻油・・・小さじ1
  • てんさい糖・・・大さじ3

てんさい糖:北海道産てん菜(ビート)から作られるオリゴ糖が含まれたお腹にやさしい砂糖です。オリゴ糖はビフィズス菌などの有用菌の栄養源となります。てんさい糖は上品な甘さに、風味やコクがありおすすめです。

created by Rinker
¥450 (2022/07/02 19:40:06時点 楽天市場調べ-詳細)

必要な備品

  • まな板・包丁(三徳包丁または牛刀)
  • 大さじ、小さじ
  • 軽量カップ
  • ホイッパー
  • アルミホイルまたは落し蓋

作り方

カボチャを切って種をとる

カボチャ1個をそのまま使う場合は半分に切りますが、

カボチャを半分に切るのは大変な作業です。

 

ーカボチャを半分に切る注意とポイントー
①レンジで温める
レンジで人肌ぐらいに温めることにより切りやすくなります。

②包丁は三徳包丁または牛刀を使う
ペティナイフなど細くて小さいサイズの包丁だと折れる可能性があります。

③垂直に包丁を刺して包丁をおろす
包丁をカボチャの真ん中(中心部)に刺し、まな板まで直角に包丁をおろすと切りやすいです。カボチャを切るのは大変で危険な作業です。カットしてあるカボチャも販売しているので心配な人はカットカボチャを用意してください。

 

次にスプーンを使って種をきれいに取り除きます。

保存する時、種を残したままにすると傷みやすくなるため種は必ずきれいに取り除いてください。

(下写真:南京カボチャ)
上記写真のカボチャはロロンカボチャというラグビーボール型のカボチャですが、通常の南京カボチャ(下写真)を使っていただければ大丈夫です!

カボチャを一口サイズに切る

カボチャの皮をすこし残して切り、一口サイズにカットします。

※今回は面取りをしていません。見た目をきれいに、煮崩れも防ぎたいのであれば面取りもしてください。

煮る

カボチャ以外の調味料をボールに入れよく混ぜます。

鍋に皮面を下にして並べ、混ぜた調味料を入れる。

アルミホイルまたは落し蓋をして強火で煮詰める。

お酒が多いので水分は早くなくなります。

焦げないように注意してください。

水分がなくなってきたらアルミホイルをはずし、弱火にして鍋をゆすりながらからめます。

串で刺してみて硬くなければ完成です。

賞味期限・まとめ

賞味期限は冷蔵保管で2日を目安にしてください。

お好みで「てんさい糖」や「豆板醤」の量は調整してください。

 

補足)ロロンカボチャ

ロロンカボチャは西洋南瓜の品種であり、ラグビーボール型をしています。肉質はキメが細かく、滑らかで上品な味わいが楽しめ、マロン=栗のような甘味があることから「ロロン」という名前がつけられたと言わています。煮物以外にも天ぷらや薄切りにしてソテー、みそ汁などに入れても美味しく食べれます。以前紹介したチーズリゾットに入れても美味しいです!

なかなか目にしないカボチャですが見かけたら買ってみてください。わたしが使ってるロロンカボチャは静岡県富士宮市のオーガニック野菜栽培農家さんから仕入れてます(^^)

今後も料理レシピを紹介していきます。

ドイ
ドイ

ご質問などがあれば「お問い合せ」よりお気軽にご連絡ください!

タイトルとURLをコピーしました